スポンサーリンク

pythonでGUI画面を作成する(その1)~環境構築編~

スポンサーリンク

■概要

pythonを使ったツールの作成をするために、GUI画面を作成します。
今回は「wxPython」を使って画面の生成を行います。

■環境

OS:windows10
ツール:wxPython
言語:python3.6

■環境構築

「wxPython」のインストールをします。

pip install wxPython

環境構築は以上です。

■動作確認

サンプルのフレームを作成してみます。
下記のサンプルコードを実行するとテストフレームが表示されます。

import wx

#アプリケーションの初期化 
application = wx.App()

#Frameの生成
#引数は(親ウィンドウ,識別子,タイトル)
frame = wx.Frame(None, wx.ID_ANY, 'テストフレーム')

#Frameの可視化
frame.Show()

#イベントの待ち受け状態への遷移
application.MainLoop()

■フレームのオプション

  • フレームサイズの指定
    表示サイズの指定は引数にsizeを渡します。
frame = wx.Frame(None, wx.ID_ANY, 'テストフレーム', size=(300, 300))
  • 表示位置の指定
    表示位置の指定は引数にposを渡します。
# 左上へ表示する場合
frame = wx.Frame(None, wx.ID_ANY, 'テストフレーム', pos=(0, 0))
# 中央へ表示する場合
frame.Centre()
  • ステータスバーの利用
    ステータスバーを利用する場合「CreateStatusBar」を宣言し、「SetStatusText」でステータスバーに文字列を表示させます。
frame.CreateStatusBar()
frame.SetStatusText('matome')

コメント

タイトルとURLをコピーしました