スポンサーリンク

【wordpress】PHPの動かし方

スポンサーリンク

とりあえず動かす

テーマのfanctions.phpの中にPHPのコードを記述すれば、実行はできる。

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
wp_enqueue_style( 'child-style', get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css', array('parent-style'));
}
echo "PHPだよ";
?>

記事の中で動作させる

PHP関数の実行

固定ページや記事の中でPHPを利用するためには、ショートコードを利用しなければならない。
(PHPのコードを直接記述しても動かない仕様となっている。)

先ほどと同様に、テーマのfanctions.phpの中にショートコードの定義を記述する。

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
wp_enqueue_style( 'child-style', get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css', array('parent-style'));
}
function shortcode_test(){
return "ショートコードだよ";
}
add_shortcode('sc_test', 'shortcode_test');

function shortcode_test()で関数を定義し、add_shortcode(‘ショートコード名’, ‘関数名’)でショートコード名を作り関数と紐づける。

あとは、記事内の任意の場所で

[ショートコード名]

と記述すれば呼び出すことが可能。

PHPファイルの実行

fanctions.phpの中にたくさんコードを書いていくと管理できなくなるので、PHPファイルを作成して実行することもできる。
ファイルの作成はwordpressの機能ではできないのでFTPを行う必要がある。

テーマのフォルダの配下に任意の名前のphpファイル(〇〇.php)を作成し、コードを記述する。
ただ、phpファイルを呼び出すコマンドもphpのため、ショートコードをfanctions.phpの中に定義する必要がある。

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
wp_enqueue_style( 'child-style', get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css', array('parent-style'));
}
//ショートコードを使ったphpファイルの呼び出し方法
function my_php_Include($params = array()) {
extract(shortcode_atts(array('file' => 'default'), $params));
ob_start();
include(STYLESHEETPATH . "/$file.php");
return ob_get_clean();
}
add_shortcode('myphp', 'my_php_Include');
?>

あとは、記事の中でショートコードを呼び出せば、phpファイルの実行はできる。

※ショートコードの例
[myphp file=’ファイル名(.phpは不要)’]

コメント

タイトルとURLをコピーしました