スポンサーリンク

ビルドとはなにか?~コンパイル・リンクとの違いを解説~

スポンサーリンク

この記事では、プログラムが動くために行われるビルド・コンパイル・リンクについて解説します。

ビルドとは

ビルド_コンパイル_リンクの関係

 

 

 

ビルドとは、ソースファイルから最終的な実行ファイルを作成することです。

プログラムは普通、人間が分かりやすい形式(ソースファイル)で記述します。しかし、機械はプログラミング言語のまま実行することができません。そこで、機械が分かるような形式(実行ファイル)に変換することが必要になります。
具体的には、ソースコード(人間が記述する形式)からバイナリファイル(コンピュータで実行できる形式)に変換します。

ビルドでは、コンパイルリンクの2つの作業を行います。
コンパイルはコンパイラで行われ、リンクはリンカで行われます。

ビルドの流れ

 

 

 

コンパイルとは

コンパイルとは、ソースコードを機械語に変換することです。

ソースコードは人間が理解できる言語(プログラミング言語)で記述されているので、機械が理解できる言語(機械語)に変換します。
※コンパイルでは、ファイルの呼び出しなど、他ファイルとの関連性は解決しません。

リンクとは

リンクとは、プログラムファイル(オブジェクトファイル・ライブラリ)を組み合わせて実行ファイルに変換することです。

プログラムは、ライブラリの呼び出し処理など、他ファイルとの連携して動作します。
リンカは、ソースコードに記述された、他ファイルとの連携処理の関連付けを行います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました