スポンサーリンク

相場の種類(レンジ相場とトレンド相場)

スポンサーリンク
こんにちは。

 

チャートの種類について説明します。

チャートの種類は大きく2種類(レンジ相場・トレンド相場)に分けられます。

レンジ相場

一定の範囲内で価格が上下する相場のことです。
価格が横ばいの状態で、市場参加者が前回の高値や前回の安値を意識するために起こる現象です。
レンジ相場では、価格が下がった時に買い、上がった時に売るといった、逆張りで取引を行います。

トレンド相場

レンジ相場を越えて、大きな値動きのある相場です。価格に影響を与えるニュースや材料によって発生することが多いと言われています。
トレンド相場には2種類あり、価格が右肩上がりになっている上昇トレンドと価格が右肩下がりの下降トレンドがあります。

 

トレンド相場では、上昇トレンドに入ったら買い、トレンドが終わったら売るといった、順張りで取引します。

 

レンジ相場とトレンド相場の見分け方

様々な分析手法を使って、その時の相場の状況を把握し、未来を予測しなければいけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました