スポンサーリンク

職場環境が良くても効率は上がらない?

スポンサーリンク

あなたの職場環境は快適ですか?

職場環境が整っているとモチベーションが上がったり、会社に対する愛着がわきますよね。
今では社員が快適に過ごせるような様々な環境を会社は提供しています。
・スポーツジム
・ゲームセンター
・ランチビュッフェ
・バーの設置
・マッサージ

実際、職場環境の良さは、仕事の効率にどのくらい影響するのでしょうか。

アメリカのとある電気工場での実験です 。実験は工場でも生産性が最も上がる証明とはどのようなものかを探るために行われました。そして、様々な明るさの照明の下で技術者の生産効率がどのように変化するかが計測されました。極端に明るくしたり、逆に暗くしたり、 一定のレベルに保たれたりと、実験は繰り返し行われました。

数年にわたる実験を経て出された結果に、研究者たちは驚きを禁じ得ませんでした。なんと照明の明るさのレベルとは関係なく、工場の生産性は一貫して上がり続けたのです。その後も証明以外に、休憩時間の長さや賃金制度などの条件を変えて実験を繰り返しましたが、やはり同様に生産性は上がり続けました。

このことは何を意味しているのでしょうか?研究者たちがこの実験から導き出した答えはこうです。人の労働生産性には、物理的な環境設定よりも、人間的な心の要因が大きく作用するということです。つまり、この工場の技術者の生産性を向上させた要因は、実は証明や賃金などの条件ではなく、実験の観察者等が技術者に向け続けた関心であったのです。

実験のために、常にその内容に関心を寄せられながら作業を続けた技術者たちは、自分たちは世界的な実験に参加しているのだという思いを抱きながら仕事をしていました。また、そのような共通のテーマのもとに一緒に作業をすることで育まれたグループ内の連帯感は、彼らのやる気を高め、結果的に生産性を向上させ続けることとなったのです。

人は誰かから期待をかけられたり、仲間意識が高まったりすると、自然とやる気が湧いてきます。決して自分の損得だけで働いているわけではなく、自分が思うほど競争要因で動いているわけでもありません。人から意識を向けられ、声をかけられて育てば、植物もその成長が格段に良くなると言われています。人間も同じです。期待や信頼、調和の力は、人がよりよく働くための必要な条件であり、働くということを本来の価値に高めることのできる知恵なのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました